役割

駅に向かう途中、僕の右側を自転車の風が切った。

駐車監視員のおじさんたちだった。

駐車禁止区域の車を見つけるやいなや、軽い身のこなしで自転車を降り、ナンバープレートを記入し、写真に収め、あっという間にシールをフロントガラスに張り付けて去っていく。

見た目から察するに監視員の二人は、

僕の父親というより、祖父に近い年齢だった。

「役割」 は人を元気にするんだなぁ。

そんなことを思いながら、大変お世話になっている牛丼チェーンに入った。

「牛丼並ですね」

食券を取りにきた方を見上げると、

名札の名前の上に「リーダー」と書かれていた。

ここにも「役割」がある。

「お先にお味噌汁どうぞ」

次に現れた店員さんの名札には「バイトリーダー」と書かれていた。

なるほど。

「リーダー」が社長ならば、部長的な位置にいるのが「バイトリーダー」か。

細分化しながらリーダーは増える。

リーダーってのはいい響きだ。責任がある。

きっと従業員のモチベーションにもつながっているだろう。

「役割」で人を元気にさせながらクオリティを保つ。

多くの店舗を持つ大企業はやはり色々と考えるのだな、と、牛丼が来た。

「牛丼並です」

運んできた店員さんの名札には「キャプテン」と書かれていた。

あなたはなにをする人ですか。

彼の役割はわからなかったが、彼は元気だった。

最新記事

すべて表示

祝婚―6

吉野弘の代表作『祝婚歌』にはこうかいてある。 " 二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ちしないことだと気付いているほうがいい 完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいているほうがいい 二人のうちどちらかが ふざけているほうがいい ずっこけているほうがいい " あたたかみのある言葉がここからもつづく。 キャンバスの上

祝婚―5

先輩の結婚式当日。 受付の準備を頼まれた僕と三四郎は朝方の新幹線で軽井沢へと向かった。 僕がサンドイッチを食べていると、三四郎は割箸をぱかっと割って、 チップスターを一枚その箸でつかみ、口に運んだ。 「俺、ポテトチップスとかも箸で食べるタイプなんだよね」 まだ寝起きのザラザラした声で三四郎は言った。 僕は相槌を打たずパソコンを開き、本番用の音源を三四郎に聞かせる準備をした。 カラオケに選曲をしに行

祝婚―4

駅を降りて、日焼けサロンやキャバクラを横目に見ながら、大通りに出る。帰路を遠回りして、僕はドン・キホーテに向かったのだ。 「ドンドンドン、ドンキ、ドンキ、ホーテ」と軽快なBGMが僕を包む。 「ボリューム満点、激安ジャングル~」とご機嫌な歌声を聴いて、ふとこの曲の歌詞を確認したいと思った。 惰性でいじっていたスマートフォンに「ドン・キホーテ 歌」と打ち込むと、この曲の名前が「Miracle Shop

​TAKEHITO TERUI