価値

前回に引き続きスティーブの話をもうひとつ。 スティーブが奥さんと息子と3人で日本のハンバーガーショップに行ったときのお話。

一家団欒でポテトやナゲットをシェアし、ソースをドバドバとつけながら食べていたら、早々にソースが切れてしまい、もう1つ貰おうとスティーブはレジに向かったそうだ。 「すいません、ソース1つ貰えますか?」 「かしこまりました。20円になります」 スティーブは唖然とする。 ソースにお金がかかる? なぜソースにお金を払わなければいけないんだ。

ああ、わかった、なるほど、I see.

ソースだけを買いに来たと思っているのか。 スティーブはすでに店内で食事をしていることを店員さんに伝えた。 「あ、今もうそこで食事をしていて、もう1つ欲しいんです」 「20円になります」 ちがった。 本当にお金を取られるんだインジャパン。

20円。

予想外であろうと大概の人ならあきらめて支払う金額だが、スティーブは違う。戦う男だスティーブ。 「カナダではお金はかからないよ?」 「20円になります」 この店員さんもなかなかのサムライスピリットだ。 適切な間合いを取りながら引かない。

一向にマニュアルから逸れる気はないようだ。 言っておくがスティーブは貧乏ではない。

なんなら稼いでいると思う。

もはやスティーブは20円が惜しいのではなく、カルチャーショックでアクセルをベタ踏みし、後に引けないくらいエンジンが唸ってしまったのである。ブルンブルンと音を立て、煙が出ているのである。

だがスティーブは知的だ。

テンションを抑えてロジックを優先する。

スティーブは手元の切るべきカードを見極めた。 「わかりました。ではこういうのはどうでしょう」 スティーブはとっておきのカードを出す。 「ビジネスの基本は顧客の創造です。今ここであなたがお金を取ることで私の気分は損なわれて、たぶんもうこのお店には来ないです。つまり顧客を1人失うことになります。それでもお金をとりますか?」

「20円になります」 ホワイジャパニーズピーポー!!

スティーブは心の中でそう叫んだに違いない。 店員さんも素晴らしき日常の途中で20円を巡ってこんな黒船に絡まれてドラッカーを説かれるとは思ってもいなかっただろう。 あきらめないスティーブの後日談がある。 スティーブはその後、ハンバーガーショップの本社に連絡し、事情を説明したところ、後日大量のクーポン券が送られてきたそうだ。 もうだいぶ前の話みたいなので時効にして流してほしいが、おそるべしスティーブ。

日本だろうと海外だろうと「同じ人間だよ」と言ってしまうのは簡単だ。

だが考え方が違うからこそ196もの国がある。

同じ業種でも他社がある。

同じ芝居でも劇団が無数にある。

マニュアルとサービス。

経済と心意気。

それ以外にも様々な線引きがあるだろう。

世界の総人口77億人の考えを網羅した賛否のない線引きなどどこにあるのだろうか。

おそらくどこにもない。

だからこそ、世界はいつでも人を混乱させ、いつでも人を魅了する。

最新記事

すべて表示

祝婚―6

吉野弘の代表作『祝婚歌』にはこうかいてある。 " 二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ちしないことだと気付いているほうがいい 完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいているほうがいい 二人のうちどちらかが ふざけているほうがいい ずっこけているほうがいい " あたたかみのある言葉がここからもつづく。 キャンバスの上

祝婚―5

先輩の結婚式当日。 受付の準備を頼まれた僕と三四郎は朝方の新幹線で軽井沢へと向かった。 僕がサンドイッチを食べていると、三四郎は割箸をぱかっと割って、 チップスターを一枚その箸でつかみ、口に運んだ。 「俺、ポテトチップスとかも箸で食べるタイプなんだよね」 まだ寝起きのザラザラした声で三四郎は言った。 僕は相槌を打たずパソコンを開き、本番用の音源を三四郎に聞かせる準備をした。 カラオケに選曲をしに行

祝婚―4

駅を降りて、日焼けサロンやキャバクラを横目に見ながら、大通りに出る。帰路を遠回りして、僕はドン・キホーテに向かったのだ。 「ドンドンドン、ドンキ、ドンキ、ホーテ」と軽快なBGMが僕を包む。 「ボリューム満点、激安ジャングル~」とご機嫌な歌声を聴いて、ふとこの曲の歌詞を確認したいと思った。 惰性でいじっていたスマートフォンに「ドン・キホーテ 歌」と打ち込むと、この曲の名前が「Miracle Shop